スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2013.07.04 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    女王の教室 最終話

    0
      泣きましたー(;_;)
      予告見たときから、これは泣くぞと思ってたんですが、

      3回も泣かされるとは!!



      真矢が入院してると聞いて、お見舞いに行く和美たち。

      でもすでに病院にはおらず、アパートを訪ねてみるが引っ越したらしくもぬけの殻・・・

      どうしても真矢に戻ってきて欲しくて、「問題を起こしたら真矢が来てくれる!」と援交もどきを行なう生徒たち。

      男たちにおとりの女の子が連れて行かれそうになり、男子3人が助けに入るも一発でやられ、いよいよピーンチ!!

      ・・・そのとき、やっぱり現れてくれました!真矢〜!!

      男たちに傷を負わされながらも戦う真矢。

      かっこいい〜。



      が、このことが問題になって、真矢は本当に学校を出て行くことに・・・

      なんでだよー!!

      正当防衛やん。

      真矢がいなかったら、子供たちが危なかったのに。

      まあ、わざと問題起こした子供たちに責任あるから、

      その担任としての責任はあるんだろうけど・・・



      そして、追い出そうとする教頭を振り切って、教室で話をする真矢。

      このとき、いつもはなあなあで済まそうとしてる校長が、

      教頭に「黙っててください!」と一喝してくれて嬉しかった〜!



      「先生がいなくなったら・・・」と不安がる生徒たちに、

      いつものように「いい加減目覚めなさい」と話を始める真矢。

      生徒たちと一緒に、泣いてしまいました〜(;_;)

      今まで、人生の暗い部分ばかりを話してきた真矢でしたが、

      このときの話は違いましたね。

      「今しかできないことを一生懸命やりなさい」

      「今をもっと見つめなさい」

      それによって、今まで見えなかったものが見えてくる・・・

      すばらしいことが待っている・・・

      心にしみるメッセージでした。



      並木先生が言ってました。

      「子供は、私なんかはすぐ忘れるけど、

      阿久津先生のことは一生忘れない」

      そうなんですよね。

      印象に残っている先生って、「優しい先生」よりも「厳しい先生」だった気がします。



      2度目の涙は、神田家のパパのセリフで・・・

      あんな風に「愛してる」と堂々と言えるパパ、ステキです。

      これも、和美のおかげなんですね。

      うちのダンナは、「子供の前で・・・恥ずかしいー」と言ってましたが(笑)



      そして卒業式。

      真矢のはからいで、由介は母親に会うことが出来ました。

      でも、ちょっと若すぎないかい?(笑)>酒井若菜



      真矢はやっぱり卒業式に来てましたね。

      式場の体育館で生徒たちが卒業証書を受け取っている頃、

      職員室でも真矢が一人一人の名前を呼びながら、PCのデータを削除していく・・・

      削除しちゃうなんて冷たい!と一瞬思いましたが、

      真矢の思いは違ったんでしょうね〜。

      削除しながら、きっとさみしさも感じていたはず・・・



      全員のデータを削除し終わった真矢は、体育館の前に来ました。

      そこへ教頭が。

      ・・・って、まだ式の最中なのにいいんかい(汗)

      教頭も、真矢がいなくなって初めて、その教えの素晴らしさを知ったようでした。

      そして、6年3組の教室に1人たたずむ真矢の元に生徒たちが!

      教頭が教えてくれたなんて〜。



      生徒たちは、卒業制作に手を加えていました。

      「友」の文字の横に、真矢の姿が!!

      もうこれ見ただけでウルウル・・・

      一人一人のメッセージは、ちょっとうそ臭い部分もあったけど(笑)、

      「仰げば尊し」でまたウルウル・・・

      これ聞いて泣かない人なんていないでしょ?!

      あの真矢でさえ、相当きてたに違いない。

      でも、一筋の涙もこぼさず、いつもどおり「いつまで感傷に浸ってるの?」と来た!

      あれ?ここでつつーっと一筋ぐらい・・・とこのときは思ったんですが・・・



      中学の入学式の日。

      学校に向かう和美は、偶然真矢に会います。

      「アロハ」の3つめの意味を知ってるか?と尋ねる和美に、

      「アイラブユー」と返す真矢。

      そして、「アイラブユー」の意味を込めて「先生、アロハ!」と立ち去る和美の後姿を見つめながら、真矢もなにかつぶやきました。

      きっと真矢も「アロハ」って言ったんでしょうね。

      ラストカットは真矢の微笑み!!

      うわーっ、やられたーーーー(>_<)

      最後の最後でこう来たか〜っ。

      卒業式で泣かせなかったのは、すべてをここに持ってきたかったからなのね。

      見事な演出でした。



      しかし、イマドキの小6って、卒業間近にカップルできちゃったりするんだ?!

      ビックリだわ〜。

      和美と由介の恋模様は別にいらないんじゃない?って思ったりもしたけどね(^_^;)

      ま、さわやかに終わってよかったわ〜。



      あと、しおり先生が真矢もどきになってましたね(笑)

      別に服装までマネする必要もないと思いますけどーー(^_^;)





      放送開始当初、かなりの賛否両論があったこのドラマ。

      私は最初から、「きっとラストには素晴らしい何かがあるはず!」と思っていたので、見続けてよかった〜。

      イジメのときとか、見るのイヤになったこともあったけど・・・

      後半は、どんどん真矢に洗脳されていったわ(笑)

      最終回で真矢がコロッと変わっちゃったりしたらイヤだなーと思ってたけど、最後の最後まで真矢が真矢らしくいてくれたのも嬉しかった。

      このドラマを見ていた子供も大人も、これを見て何かに気付いて、日々の行動にうつしていってくれればいいなーと思います。

      もちろん、私自身も。



      でも、ホントに「真矢もどき」の教師が出てきちゃったらどうしましょ(^_^;)


      スポンサーサイト

      0
        • 2013.07.04 Thursday
        • -
        • 23:26
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        いや~ 録画に失敗して今見終わったところでした。 過度の期待をしてしまったのがいけなかったのか、 なんだか期待はずれというのが率直な感想。 期待が高いと面白いものも面白くなってしまう。なんて贅沢な話でしょうか。 まぁ、よく映画でもあることですが・・・ い
        • ドラマ!テレビ!言いたい放題
        • 2005/10/01 1:13 PM

        PR

        calendar

        S M T W T F S
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << August 2017 >>

        オススメリスト

        books

        selected entries

        recent trackback

        profile

        search this site.

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM