スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2013.07.04 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    映画「マイ・ブラザー」

    0
       結構古い映画ですが、未見で。
      先日、BSで放映されてたので録画して観ました。

      あらすじ
       ソンヒョン(シン・ハギュン)とジョンヒョン(ウォンビン)は性格が正反対の兄弟。母親は顔に傷を持ったおとなしいソンヒョンを大切にし、健康で元気なジョンヒョンには自分の道で歩いてほしいと望むが、そんな母親の気持ちを子供のジョンヒョンにはわからない。優等生の兄とは反対に、愛されていないと感じていたジョンヒョンは不良道一直線。兄ともわかりあえずにいたが、ふたりとも母親思いなことは変わらなかった。そんな母がトラブルにあい、生活のためにヤクザになるジョンヒョン。すさんだ彼の心の支えになったのは、兄だったが…。

      内容はまったく知らずに観たのですが・・・
      すごくよかったです!!
      泣けました〜・・・
      親子愛、兄弟愛・・・素晴らしいですね♪
      特に、「母」としては、やはり兄弟の母を思う気持ちに強く心を打たれました。

      ウォンビンもシン・ハギュンも好演ですが、なんといっても、母親役のキム・ヘスクさんがいい!
      いろんなドラマでキム・ヘスクさんの母親役は観てるけど、ほんとに「母親」という代名詞が一番似合う人ですよね〜。

      ただ、BSだからカットされてるシーンもあったのかな?
      ジョンヒョンと彼女との別れが唐突で・・・
      キスシーンがあったと思ったら、もう次のシーンでは別れになってたので、???でした。

      以下ネタバレあり。
      続きを読む >>

      韓国映画「僕らのバレエ教室」

      0
         ユン・ゲサン&イ・ジュンギが出てるってことで、観てみました。
        でも、この映画ではジュンギくんの見せ場はあまりないんですよね〜、残念ながら。
        しかし驚いたことに、キム・ドンウクが出てた!
        コヒプリのハリムです。
        最初は全然気付かなくて、途中から「ん?もしや?」と思いながら観てたら、やっぱりそうでした(笑)
        あと、出前持ちの子は、乾パンの生徒役の子じゃない?

        と、ほぼキャストチェックで終わってしまいましたが・・・

        なんだか、思ってた内容と全然違った(^_^;)
        もっと、バレエメインなのかと思ってた。
        淡々と話が進んでいくので、退屈だったな・・・
        体調の悪いときに観たので、余計にそう思ったのかもしれないけど。

        あと、ヒロイン役のキム・ミンジョンがねー。
        あまり好きじゃない顔立ちだったので・・・。

        韓国映画「ドレミファソラシド」

        0

          チャン・グンソクくん目当てで観ました(笑)
          若〜いっ!!
          可愛い♪
          日本でDVDが発売されたのは昨年ですが、撮影されたのは大分前みたい。
          まだあどけなさの残るグンソクくんなので。

          ストーリーは、よくある三角関係(^_^;)
          グンソクくんのライバル役を演じているチョン・ウィチョル。
          どこかで観たことあるよなーと考えていて、思い出した!
          「乾パン先生とこんぺいとう」のコン・ユの友人役の子だわー。
          ヒロイン役のチャ・イェリョンの弟を演じるのは、イム・ジュファン。
          「雪の女王」のゴヌ役が有名かな?
          彼も若〜い♪
          ヒロインの友人役で、「宮」や「乾パン」に出てたイ・ウンも出てますねー。

          とまあ、キャスト的には若手いっぱいで豪華なんですが。

          映画としては・・・(汗)
          ありきたりといえばありきたり。
          でも、ありえねー!とツッコミどころ満載。

          とにかく、ヒロインが可愛くないのが一番の難点だと思いますw
          美人系なんだけど、こういう映画のヒロインとしては、もう少しぽわーんとした雰囲気の女優さんの方が似合うんじゃないかと。
          そうだなー、たとえば、イム・スジョンちゃんとか。
          ヒロインが可愛くないので、キスシーン見ても全然ドキドキしないんですよね・・・。

          まぁ、グンソクくんのプロモーションビデオと思えば、ファンには嬉しい映画だと思いますw

          以下ネタバレあり。


          韓国映画「カフェソウル」

          0
             日韓合作映画なので、カテゴリーを迷いましたが・・・
            韓国が舞台なので、「韓国映画」に入れておきます。

            さてこの映画、キャストが魅力的で観てみたいなーと思っておりました。
            「宮」のJohn-Hoon、「コーヒープリンス1号店」のキム・ドンウク、そして日本の斎藤工(タクミ)くん。

            公式サイトのStoryより。

            韓国はソウル、その街の片隅にひっそり佇む伝統菓子店「牡丹堂」。フード・ルポライターの井坂順(斎藤工)が偶然出会ったその店は、寡黙だが腕の良い店主サンウ(チェ・ソンミン)が一人で切り盛りしていた。サンウの人柄と牡丹堂の味に魅了された順はこの店で取材をする事に決めるが、牡丹堂は地元のヤクザから立ち退きを迫られていた。そのいざこざからサンウが怪我をしてしまい、しばらく菓子作りが出来なくなってしまう。そこにサンウの弟・サンヒョク(John-Hoon)が現れる。ミュージシャンを夢見て家を飛び出したサンヒョクだったが、音楽への夢が破れてしまっていたのだった。初めは反発しあう順とサンヒョクだったが、牡丹堂の看板を守るために協力していく二人の間に、いつしか不思議な友情が芽生えて行く。しかし、ヤクザの刺客としてサンウのもう一人の弟・サンジン(キム・ドンウク)が現れた事により牡丹堂は窮地に陥ることとなる。
            牡丹堂の運命は?バラバラになってしまった家族の絆の行方は?
            それはサンヒョクが作る想い出の味がカギを握っていたのだった・・・。


            わかりやすい展開で、結末も読めましたが、なかなか面白かったです♪
            心がほんわかあったかくなるお話でした。
            伝統菓子が美味しそうで♪
            お店もレトロ感があってステキ。
            盛り付けられた器もオシャレ。
            行ってみたいなーと思わされました。

            ジョンフンもドンウクもタクミくんも、みんなステキ!
            サンウ役のチェ・ソンミンssiは初めて拝見しましたが、メガネをかけた顔はなんとなく中井貴一に雰囲気が似てたな〜。
            味わいのある役柄でした。

            以下ネタバレあり。

            韓国映画「友へ〜チング」

            0
               かなり前に録画していながら、ずっと観てなくて・・・。
              今、ドラマ版の「チング」を観てるんだけど、脱落気味でして(汗)
              ここらで映画版を観て、ドラマ版をリタイアするかどうか決めよう!と思い立ちました。

              ドラマの方は7話まで観たのかな。
              全20話なので、大体3分の1まで見たことになります。
              なので、映画版の半分ぐらいまでは、ドラマと一緒のシーンなんかもあって楽しく観れたのですが・・・。

              後半、だんだん眠くなってまいりまして(汗)
              うーん、なんかよくわからんっ!な状態のまま、終わっちまいました。
              TV放送だから、カットされてるとこもあるのかな〜。
              なんか展開が急で(^_^;)

              すごくヒットした映画ですが、私には合わなかったようです。
              ヤクザものとか、こういう「男の世界」が苦手なんですよね。

              しかし、チャン・ドンゴンが「南十字星」のときの阿久津さんに見えてたまらなかったわー(笑)
              といっても、知らない人には「誰?」ですよね・・・

              韓国映画「キッチン〜3人のレシピ〜」

              0

                本日発売です(笑)
                わざわざ予約して買っちゃいましたよ!!
                映画館に観に行ったと考えれば、安いもんさー。(交通費いらないし)
                しかも永久保存版♪
                通常盤を買いましたが、初回特典としてBOX入りで、メモ帳がついてきました。
                コレクターズBOXは1万円近くするので、ちょっと手が出なかった(^_^;)

                さてさてこの作品。
                一応、吉本ばななの「キッチン」が原作らしいです。
                私は読んだことないんだけど、内容は全然違うようです(笑)

                天使のように純粋無垢なモレ(シン・ミナ)は年上のサンイン(キム・テウ)と結婚して1年。
                お兄さんのようなサンインのことが大好きで、趣味の絵を活かした日傘のお店を営みながら甘い新婚生活を楽しんでいる。
                しかしある日、モレは開館時間外にこっそり忍び込んだ現代アートの展示会で、不思議な青年・ドゥレ(チュ・ジフン)と出会う。
                隠れた窓際で距離が近づきすぎた二人。眩しい陽射しに理性は遮られ・・・。
                レストランを開こうとしているサンインに料理を教える為、パリから腕のいいシェフがやってきた。
                2人の家に住み込むことになったそのシェフは、モレが出会ってしまったドゥレだった。
                3人の奇妙な共同生活が始まり、やがてモレはいけないと思いながらも自由奔放で魅力的な彼に惹かれていってしまう・・・。


                ミナちゃんとジフニのちょっときわどいシーンもあってドキドキ・・・。
                私もあの状況なら、流されちゃうわーと思っちゃった(笑)
                しかも相手がジフニなんて♪

                でも、ストーリー的には、イマイチだったかな〜(^_^;)
                展開も急だし、よくわかんない。
                ジフニじゃなかったら、観ないかも・・・
                キム・テウssiは、おぎやはぎの「矢作」に見えて仕方なかった(笑)

                3人の住む家や、インテリア、食器、モレの日傘屋さんなど、お洒落要素がたっぷりで、そういう面では楽しめました。



                韓国映画「恋の潜伏捜査」

                0
                  最近、コン・ユくんにハマってまして(笑)
                  たまたまGyaoでやってるのを見つけて、視聴。

                  「私の名前はキム・サムスン」のキム・ソナ主演。
                  高校生に変装して、とある高校で潜伏捜査する警察官の役です。
                  コン・ユくんは、その高校の同級生で、住んでる部屋もお隣さん・・・という役どころなのですが。
                  実は謎多き役でして、最後まで正体わからずw
                  最初に画面にうつったときは、爆笑してしまいましたwww
                  だって、髪型変なんだもん(^_^;)
                  ラストでやっと、見慣れた髪型になってほっとしたw

                  なかなか面白い映画でしたよ!
                  キム・ソナさんは、どう見ても高校生には見えないけどw
                  こういうちょっと姉御肌な役が、似合いますねー。
                  コン・ユくんも、髪型はともかくカッコイイ♪
                  泣けるシーンもあって、最後までハラハラドキドキしながら楽しめました。

                  学校の先生がどこかで見たことある人だなー・・・と思ってたら、「星を射る」のパダオッパでした〜。
                  いい味出してます(笑)


                  映画「とかげの可愛い嘘」

                  0
                     これまた韓国映画にはありがちなストーリー(笑)
                    映画の後半で謎が解き明かされるわけですが、こういうことだろうというのは大体読めました。
                    でも、幼いアリがいじらしくて・・・
                    そこのとこはちょっと泣けたな〜。
                    ラストに向けて、ファンタジーな展開になってきて、ちょっと醒めましたが(^_^;)

                    チョ・スンウくんが、よかったです♪
                    「マラソン」では、ラストでしか笑顔を見れなかったので、この映画では、笑顔がたくさん見られてよかったわ〜。
                    あと、子役ちゃんが上手でしたねー。
                    チョ・スンウくんの子役は、「ごめん、愛してる」や「エデンの東」に出てる子ですね♪

                    映画「永遠の片想い」(2回目)

                    0
                       2回目なんだけど、1回目はTV放映でカットあり、吹き替えだったので、もう一度ちゃんと観たい!と思ってました。

                      大分前に観たので、内容はかなり忘れてましたが、やっぱりよかったー!
                      キャストもストーリーも大好きです♪

                      ここから先はネタバレあり。

                      映画「卑劣な街」

                      0
                         ヤクザものって好きじゃないので、この映画も多分、インソンくんじゃなかったら観なかったかも?
                        でも、インソンくんファンには必見だと思います(笑)
                        カッコイイです!!
                        髪型はイケてないけどさ・・・(^_^;)

                        内容的にも、思ってたほど悪くなかったです。
                        韓国映画の暴力シーンって、目を背けたくなるぐらい激しいので、そういうのが多かったらイヤだなーって思ってたんだけど。
                        「ヤクザの生き様」というよりも、「1人の人間としての生き様」が描かれてました。
                        インソン演じるビョンドゥが、普通の人間にとっても共感出来るようなキャラになっていたのがよかったかな。

                        子分のチョンス役は、「オールイン」のイナ@イ・ビョンホンの子役をしてたチン・グくんでした。
                        ビョンドゥのボスは、「雪の女王」のボラのお父さんだー!
                        あとさ、ビョンドゥの親友役のナムグン・ミンって、坂上忍に似てるなーと思うのは私だけでしょうか?
                        つーても、今の若い子って坂上忍を知らないだろうね・・・



                        | 1/4PAGES | >>

                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                             12
                        3456789
                        10111213141516
                        17181920212223
                        24252627282930
                        31      
                        << December 2017 >>

                        オススメリスト

                        books

                        recent trackback

                        profile

                        search this site.

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM